馬に乗ってどこを見るか? 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 人間は感覚の大部分を視覚に頼っているので、目から取り入れた情報に大きく影響される。視覚からくる錯覚などにより体勢が崩れたりするので、H先生は、馬に乗っているときに『どこを見るか』が大変大事なことだと厳しく注意する。
 ただし、私は見た方向に傾く悪い癖がひどいので先生はやかましく言うが、そういう悪癖の無い人はごく普通に回るときは進行方向を見てよい。

 自分に酷い傾き癖があるかどうか、下の「自己チェック」をクリックして自分の「傾き癖」を確認してください

自己チェック
 自己チェックで内側に傾く悪癖が無く真っ直ぐ乗れていると判った人は、外側の手を見ろとか、回る方向と反対に顔を向けよなどのやり方は有害無益じゃあなかろうか。以下は酷い悪癖のある初心者が前提

馬上からの目配りとソフトアイ
 馬上からは馬の前髪の上あたりを見る。CRでいうソフトアイ。
曲がるときの目配り
 どうしても回転の内側に目が行くが、内側を見るとろくなことはない。 
障害飛越時の目配り
 障害が気になり、これを注視。これもダメだと先生は言う。

馬上からの目配りとソフトアイ このページ先頭へ 曲がるときの目配りへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

・目線と姿勢はつながっている

ちょっと目玉を動かしてどこを見ようが、目玉だけ動かすぶんには何の影響もないようだが、じつはそうでない。

 ある方向を見るということは、その方向に集中するということなので、無意識に全身がなんらかの反応をしてしまう。特に、馬上姿勢が安定しないうちは、自分が感じる以上に目からの情報によって上体が影響をうける。

 たとえば、右に曲がろうとして馬上から曲がる先の地面を見ると自然に体が右前に傾く。そして、右下を見ているかぎり、体が右前に傾いたことを認識できない。その状態から、上体を動かさずに顔だけを左に捩じって左肩の方向を見ると、自分の体が大きく右に傾いていることに初めて気が付かされる。不思議なものです。

 これは馬に乗っているところを真後ろから見た絵。

 ここで右に曲がろうとして右下の地面を見たとする。右下を見るときに右に傾くから要注意と思って乗っているので、自分では右上の絵の程度の動き(顔が若干右下を向く程度)だと思っている。

 ところが、H先生が私を見ると、右下のような傾いた恰好らしい。

 上級者になればこのようなことはないのだろうが、まだ万事余裕のない初級者を脱しておらず、見る方向に意識が集中して全身がその方向に反応してしまうらしい。


・正しい目使い

 馬に乗っているときは、馬の両耳の間10cmほど上に円があるとしてその円を通して見るようにする。円を通して見るといっても、この円を注視するのでなく、視野の中央にこの円を置いて、全体を眺めるようにする。

 こうすると馬の速さに負けずに全体が認識ができるので 乗り手が速さに負けてパニッくったりせずに済む。たとえば、障碍を注視していると障碍の幅が狭く見えるが、障碍を見ずに10m以上先に視線を保つと、障碍のほうからこちらへ近づいてきて、近づくにつれて障碍の幅が広くなるように感じて余裕が生じる。H先生は「ちゃんとした目使い」ができないと障碍は跳べないよ、と言う。

馬の耳の間を見る 両耳の上の空間に円を想像して、この円を通して周囲を眺めるようにする。

 障害を飛ぶときなどはもっと先(障害の10mほど先)を見て 決して障害そのものに目を奪われないようにする。

 障害を見ると スピードが速く感じられて 騎乗者が慌てる。

 長蹄跡では遠方を、短蹄跡では4-5m先を見るようにする。



 また、このように馬の耳の間から見るメリットは、馬が動こうとすると最初に頭の動きとして表われるので、馬の動きを予知できること。たとえば、馬がなにかに驚いて急に横に跳ねる、といったときにも耳や頭に最初の動きが現れるので、良い目配りに示したように見ていると、予兆が判って準備が整えられる。

・暴走対策(パニック防止‥‥ 乗り手のです)

 とても風の強い日に乗った。馬場の周りの木々が風にあおられたりするたびに馬はビクビクしている。柵のすぐ外の斜面に近づいて速足をしていたときに、突風が吹き小枝のようなものが飛ばされてきて、馬は驚いて馬場の反対側へすっ飛んでいった。反撞がとても高い尻ッパネをしているような駈歩。この時に落ちていれば、きっと「馬が跳ねたから落ちた」と思っただろう。もちろん手綱を控えても止まってくれない。こりゃぁ落とされちゃうかなとビビったが、H先生はなぜかニコニコして見ているだけ。

 なんとか落ちずに止められたが、数分後にはまた同じことが起こった。こんどはH先生は「馬の前髪を見て」と注意。で、馬の前髪のあたりに目を注ぐと、今まで暴れ馬のようだったのが大して危険な動きをしていないように思えて、余裕がでた。というか、実際に馬はそれほど危険な動きをしていなかったのだ。

 「こりゃ落とされる。あそこに落ちたら痛いかな?」などと泡を食って地面を見ると、馬の上下動がとても大きく感じられ、馬が乗り手を振り落とそうとしているようにも思えて、ますます焦ることになる。とんでもない暴走をされた、と思っていたが、H先生が言うには、ごく普通の駈歩をしただけ。

 馬の前髪を注視すると、馬の動きが小さく感じられ落ち着きを取り戻すことができる。前髪を見ると馬の頭の動きもよく判るから、次に馬がどう動こうとしているかも見当がつくようになる。「あそこへ落ちるか、あの柵にぶつからないか」などと馬を見ずにまわりばかり見ていると、馬がどうなっているか判らず、ますます恐ろしくなる。

 こりゃぁ危ない暴走だ、というようなとき「前髪を見る」は魔法の呪文のように効果があるのではないかと思う。万一の時に試してみる価値は充分ある。


以下はCRの受け売り。

・ソフトアイ

 CRでは乗馬の四つの基本の第一番目に「ソフトアイ」ということを提唱している。他の三つは、呼吸、重心を合わせる、体を下から上にバランスよく積み上げる、です。ソフトアイの具体的やり方は、先生が教えてくれたように、馬の耳の上の空間を見る方法。以下はCRでのソフトアイの解説。

  ある物体に注目して、周辺には目もくれず、それがどんな形か、色か、様子かなどを厳密に見定めようとして見る目をハードアイと呼ぶ。これに対して、その物体を見るのだが、視野を広くとって、上下左右を十分に広く見て、周辺視でその物体を見るのをソフトアイと呼ぶ。ソフトアイを使っていれば、認識範囲が広くなって、馬の背の動きもハードアイよりはよく感じることができる。馬の背とか脚とか、耳よりはずっと重要な部品がたくさんあるが、ソフトアイで馬の耳の上の空間を見れば、これらの部品を感じることができる。

 乗馬は右脳の働きで直観的・反射的に乗るのが理想的。あそこでこう曲がる、馬はいまこうなっているから、ここでこうして、などと左脳で分析して対応しようとしても間に合わない。おおむね左脳は、あそこで失敗するのではないか?とか余計なことを持ち込んで右脳の邪魔をすることが多い。左脳を排除して右脳を支配的にするためには、ソフトアイを使って正しい動作、扶助、馬からうける感覚、そのとき馬や人がどう見えるかなどのイメージを右脳に蓄積する。右脳にこれらが蓄積されたら、自動的に反応して乗れるようになる。ハードアイは左脳を活発にして、右脳のはたらきを邪魔する。

 内部ビデオ(inner video)という概念も役に立つ。内部ビデオというのは体の内部のビデオということで、ソフトアイを使えば、右脳に蓄積された情報を再生、チェックすることができる。たとえば輪乗りを実際にやる前に内部ビデオで輪乗りを再現する。でこのイメージで自分を信じ、馬を信じて輪乗りをする。すると多少なりとも左脳の邪魔は減っているはず。輪乗りをして、うまくいかなかった部分については、その部分のビデオは消去して、よかったところだけ残す。そしてよかったところだけを再生して、もう一度輪乗りをする。このようにして、悪いところはどんどん捨てて、良いところだけを右脳に蓄積する。この訓練を積むと、体が良いイメージに自然に反応することができるようになる。

 内部ビデオのチェックは、馬に乗っているときだけでなく、馬に乗っていないときにも有用。乗ってみてうまくいかなかったときに、家に帰ってから内部ビデオを何回も何回も再生して、こうあるべきだったとチェックすれば、翌日にはそんな問題はなくなっている。
  


曲がるときの目配り 馬上からの目配りへ このページ先頭へ 障害飛越時の目配りへ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 先生は曲がるときに決して内側(特に内側の地面)を見てはいけないと言う。

 しかし、最初のうちはどうしても、上手く曲がれるかな?ちゃんと曲がってくれるかな?所定の場所で曲がっているかしら?といろいろ気になるので、回転の内側を見てしまう。

 おまけに、これから曲がって行こうという方を見ることは、とても自然なことなので、これをしないということは理に反しており、かなり訓練で矯正しないと無理。静岡の先生のところで乗っていたら、「ほら、なんで(曲がって)行く先を見ないの?先のほうでどう進むか見ておかなきゃダメでしょ!!」と叱られた。内側に傾く悪癖が出ないなら、回転外側を見るという非常手段的な矯正方法は有害かもしれない。
騎乗姿勢
曲がるときの目配り 回転内側を見てはいけない 曲がるときに回転内側の地面を見ると 姿勢が前かがみにななって、内側へ傾く。

 回転外側の耳の付け根あたりを見るのが良い。

 顔は、どんなときにも真っ直ぐ前方を向いているのが良いのだが、曲がるときに内側の地面を見る私の悪い癖を矯正するために、回転外側に顔を向けて、外側を見よとまで先生は言う。

 下の絵は左端が一番最初に教わった曲がるときの顔の向きと視線の方向、右側になるほど最近教わっているもの。レッスンの最初は「はい外を向いて」と言われますが、「慣れてきたら、顔は真っ直ぐ向けたまま、視線だけ外へ移して」という訳です。
練習の度合いに応じた外側の見方 外方を見る 一番左の絵は、最初に教わった外方の見方です。内方の開き手綱を使うと同時に顔を思いきり外へむけて回転の外側を見る。 

 その左は、外方の遠方でなく左手を見るようにする方法。

 真ん中の絵の方法は、顔を外に向ける角度を緩やかにして、馬の回転外側の耳を見る方法。

 右から二番目は頭(顔)は真っ直ぐ前を向いたまま、目線で回転外側のハミ鐶を見る方法。

 一番右端は、やはり顔は正面のまま、目線で回転外側の馬の前脚がどこへ出ているかを見るやり方。

 初心者でもまっすぐ前を向いて傾かずに済む人は、外側を見る必要はない。最近は、先生も「外を見るときに顔はまっすぐ前を向いて動かすな。目線だけをやや外にする練習をしなさい」と言う。理想は、顔はいつもまっすぐ前を向いた姿勢を保てと。

 内方、特に内方の地面、を見ることのデメリットは以下のようにまとめられる。

デメリット 騎乗者の体勢
尻が不正常な方向へずれる  内側に傾いていると、体重は右の坐骨に掛かって回転内側に加重されるので、体重による回転扶助として良いように思えるが、傾いているために往々にして荷重がこの絵の青い矢印のように内から外へ押す方向に向くことがありる。このため、体重は内側加重なのだが、馬に対しては馬を外へ押し出す方向に体重がかかることになって、馬が回転せずに、外へ逃げてしまう原因になることがある。

 また、上体が捻じれて逆に、尻が回転外側にずれることがある。人の重心は鳩尾のやや奥にあるから、重心を馬の背にまっすぐおこうとすると尻は外側へずらせることになる。こうなると、荷重は鞍の回転外側に掛かって、反対側へ回れという体重扶助になってしまい、馬が思った方向へ曲がってくれない。
内方手綱を引きすぎる  体が回転内側へ向いている分、内方の手綱をぐいぐいとひっぱてもさほど大きく引いているような気にならない。

 ところが、客観的に見ると、とんでもなく内方手綱を引っ張っていて馬の首が内方へねじれてしまっているのが判る。こういう状態では馬は手綱を引いている内方へは曲がらずに、青い矢印の方向へ肩からどんどん逃げていってしまう。

 これに対して、回転外側を見ると、以下のようなメリットがある。

項目 メリット 説明
回転時の内方脚による扶助  回転外側に顔を向けることにより、自然と回転内側の腰を前方へ送り易くなり、内方脚による回転の扶助を与えやすくなる。  回転時は内容脚をやや前方に送り馬体をギュッを圧迫して、内方脚による回転扶助を与えるが、この内方脚による扶助を行いやすくなる。
動きがゆっくりして余裕ができる  外方の景色は内方足元の景色よりもゆっくり動く。このため、外方をみていると速度をゆっくりと感じられ慌てない。  内方足元は自分に近いので見えるものが高速に移動しているように感じらる。これに対して外方は広く大きいのでゆっくり移動しているように感じられる。
 スピードに負けず、余裕のある騎乗ができる。
内側へ傾かない  外方を見ることによって姿勢が内方へ傾くことがなくなる。  顔を外方へむけて体を内方へ傾けると、体の傾きを大きく感じ、内方へ落ちてしまうのではないかと錯覚する。
 このため、外方を見ていると体を内方へ傾けずに馬上にまっすぐ座っていることができやすくなる。


 ただし、CRでは、回る(曲がる)ときに自分の胸に目がついているとして、胸についた目が回転方向を見るように上体を(頭、首、胴を一体にして)回して、胸についた目が回転方向正面を向くようにしなさいと解説している。回転外側を向けというのは、回転内側地面を見て傾く悪い癖のはなはだしい場合の特殊な話のようだ。



障害飛越時の目配り 曲がるときの目配りへ このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る

 障碍などがあると、どうしても気になるので横木や障碍を注視してしまいがちだが、絶対に横木や障碍を注視してはいけないとのH先生の言。

良い目配り
前方十数メートル先を見る 横木や障碍を越すときも、決して横木や障碍を見てはいけない。

 この絵のように前方10-12mのところを見るようにする。

 こうすると横木や障碍に近づくにつれて馬の通路が広く開けてくるように見える。

 この目配りを憶えないと障碍を跳べるようにはならないとの先生は言う。


悪い目配り
決して横木や障碍を注視してはいけません この絵のように横木や障碍を注視してはいけない。

 横木や障碍を注視すると、顔が下向き、背中は丸まって、つま先立ちになって踵が浮いてしまう。

 そして、横木や障碍が近づくにつれて通れる幅がぐっと狭くなってくるように感じてしまう。

 そうすると馬が左右にずれていた場合には慌てることになるし、まともに障碍を飛べなくなる。

 そうは言っても、ちゃんと跳べるかな?とか、どのくらいの高さがあるのかしら?真ん中を跳べるかしら?などといろいろ気になるので、どうしても横木や障碍を注視してしまいがち。



このページ先頭へ 受け売り乗馬教室先頭ページに戻る